• ロゴ
  • 06-6551-1321

杉町熔工業の強み

杉町熔工業の強み

社名に「熔」の字を持ち、溶接技術に強みを持つ杉町熔工業株式会社は創業からすでに60年以上の時を刻んできた⽼舗企業です。今も高い溶接技術で多くのお客様から評価をいただいている私たち杉町熔工業の強みを詳しくご紹介します。

強み その一

溶接技術で時代と社会のニーズにお応えして60年以上

杉町熔工業株式会社の創業は、昭和30年です。社名にある「熔」の字が示す通り高い溶接技術に強みを持ち、すでに創業から60年以上が経過している歴史の長い会社です。創業時から金属関連の事業に取り組み、時代や社会からのニーズにお応えする形で製品のラインナップを充実させてまいりました。製品ニーズの大型化に対応するために工場の移転拡大も行い、技術力と実績に裏付けられたSUGIMACHIブランドをより確かなものとしております。
そのラインナップは圧力容器や洗浄装置、さらには濾過装置やサイレンサー、脱臭装置といった環境装置など広範囲にわたり、60年以上という長い歴史とともにこの守備範囲の広さも杉町熔工業の強みとなっています。

画像

強み その二

ご要望に最適な圧力容器をより高品質に

圧力容器は杉町熔工業株式会社にとって主力製品のひとつですが、これには用途や精度によって第一種、第二種の分類があります。
第一種圧力容器はとても高精度かつ高付加価値ですがコストもその分高く維持も簡単ではありません。そこで第二種圧力容器を要望されるお客様が多いのですが、分類上では第一種より性能が劣ると言っても、圧力容器は社会の各所で重要な役割に使われるものばかりです。お客様にとって扱いやすい第二種圧力容器でありながら、そこには溶接技術のSUGIMACHIブランドにふさわしい品質でお応えしております。

画像

強み その三

職人仕事が生み出すSUGIMACHIブランド

圧力容器や環境装置、産業機器といった私たちの製品の多くは、職人仕事から生み出されています。設計図面に対して正確な製品づくりをするのが当たり前になっている時代にあっても、熟練の職人による手仕事が最終的な品質を決めるのは今もあらゆる製品に共通することです。緻密な計算によって形状が作られる新幹線の車体ですら最後の仕上げは職人の手仕事で、このものづくり精神こそ日本が長年にわたって積み上げてきた品質に対するこだわりや文化と言っても良いでしょう。
私たちの製品にも、これと同じことが言えます。設計図面通りに完成した製品にあるわずかなひずみ、これを修正するひずみ取りの作業は今も職人による手仕事です。そこからより良い製品に仕上げていく日本のものづくり精神は、SUGIMACHIブランドにもしっかりと息づいています。

画像

画像

強み その四

国内だからできる品質、スピード、そして対応力

製造業の海外移転が指摘されて久しいですが、海外で生産するメリットは安いコストによる大量生産です。
その一方で国内生産のメリットは安定した品質や納品までのスピード、そして柔軟な対応力などです。杉町熔工業がつくり出す製品の多くは大量生産ではなく受注生産品なのでそもそも海外生産向きではないのかも知れませんが、こうした国内生産のメリットはお客様がSUGIMACHIブランドに期待されている部分と同じです。
高品質かつ短納期、そしてコスト面を含む柔軟な対応力は長年培ってきた技術やノウハウがあるからこそ可能になるものです。これからも私たちはお客様のご期待にお応えしてまいります。

強み その五

万全の検査体制で自信を持てる製品だけをお届け

お客様に自信を持って製品をお届けすることは、ものづくりの基本です。溶接部分に欠陥ができてしまっていないか、裏波溶接がしっかりと処理できているか、といった技術的な部分は職人の腕によるところが大きいのですが、納品をする前に十分な検査をすることも品質管理においてとても重要です。
レントゲンによる溶接部分の内部検査や浸透探傷検査による表面のチェックなど万全の検査体制を敷き、確かな品質レベルを確保しております。非破壊検査においては検査結果の書面作成が可能な「レベル2」の有資格者を配置してお客様に安心の品質をお届けしています。

画像

06-6551-1321

お問い合わせはこちら

06-6551-1321

お問い合わせはこちら

News & Topics 一覧へ

所在地

羽曳野工場
〒583-0866
羽曳野市埴生野1093-2
TEL:072-938-4422
FAX:072-938-4436

本社
〒551-0002
大阪市大正区三軒家東6-5-4
TEL:06-6551-1321
FAX:06-6551-2601